アイルランド料理を食べたい!

北海道と国土の広さも似ていますが、アイルランドの風景も牛が放牧されている様子をみるとのどかなだなぁ~とこれまた北海道の風景を連想させます。ただし、そこにパブがありギネスビールの看板をみると、やっぱり北海道じゃないと改めてアイルランドにいることを確認しますが、パブではビールを飲みながらチップスを食べることが多いのでアイルランドの人ってチップスだけ??と思うかもしれませんが、牧畜行が盛んということもあって乳製品だったりお肉をよく食べます。そして付け合せにはやっぱり「ジャガイモ」です。

LGBT

食材の宝庫

「ジャガイモ飢饉」というアイルランドの歴史で飢饉前・飢饉後と分けられるほどアイルランドの歴史の転換期となったこともあって、「ジャガイモ飢饉」という言葉だけが独り歩きしてアイルランドは土地が痩せているというイメージがありますが、とっても農業が盛んな国でもあり魚介類も豊富にとれる土地柄です。

北海道も「ジャガイモ」「乳製品」が名産品ですが、同じようにアイルランドでも「乳製品」と「ジャガイモ」が特産品で、アイルランド料理には欠かせない食材になっています。

アイルランド同姓婚が合法化!

秘書の求人情報の多さなら業界No.1! 女性のための求人サイト美職がご紹介する秘書を始めとした求人情報なら弊社にお任せ下さい!

アイルランドの伝統料理

アイルランドで主食として食べられているのは、もちろんジャガイモです。そしてパンも食べます。肉は豚肉が中心になっていますが、牛肉や羊肉も食べられています。羊肉を食べるあたりも、焼肉といえばジンギスカンの北海道を連想してしまいます。魚介類はサケにタラで、その他にもオイスター(牡蠣)や甲殻類も食べられています。寒冷に強い作物の代表格でもある「タマネギ」に「キャベツ」も作られています。

日本の「おふくろの味」の定番といえば、「肉じゃが」ですがアイルランドの家庭料理の代表格は「アイリッシュシチュー」といって、羊の首肉を使ってたまねぎ・ジャガイモ・香辛料・塩コショウ・スープストックでコトコトと時間をかけて煮込んむシチューです。羊肉ではなくて牛肉を使って煮込むときには、ビールを使ってコトコト煮てとっても柔らかいお肉の牛肉のシチューになります。

アイルランドのおふくろの味「アイリッシュシチュー」の時に伝統的に付け合わせでと登場するのが、紫キャベツのマリネです。サワーキャベジで、ビールのつまみとしてパブでも一般的にでてくるツマミになりますが、香辛料で風味付けられていてシチューでまったりした口の中が爽やかになるという点でも、紫キャベツのマリネとアイリッシュシチューの組み合わせはアイルランドの伝統料理といえるでしょう。

ではアイルランドではどのような朝食が食べられているのかというと、ベーコンの持っている脂でカリッと香ばしく焼かれたベーコンとタマゴ、そしてソーセージです。それにジャガイモ系としてはポテトフライを食べます。パンはイースで発酵したパンではなくて、重曹を加えた無発酵のソーダブレッドが主に食べられているのが、アイルランド式の食事に登場する主食のパンです。

アイルランドでソーダブレッドは、どのように食べられているのかというとポークソーセージと一緒に食べたり、マーマーレードと一緒に食べたりします。

ソーダーブレッドは丸くて、パンの上の方に十字の切り込みが入っていますが、十字の切り込みを入れるのは悪魔を避けるためとか妖精を追い出すためにパンの上に十字を切っているのよ。ということが真面目な顔で語られますが、実際は十字に切り込みを入れることでパンが膨らみやすくなっていることと、スライスする時に十字の切り込みを入れるとスライスしやすいからです。パンにいも妖精を持ち込むのが、アイルランドらしいといえばとってもアイルランドらしくて発想がユニークだな~とほのぼのとした気分になります。