フェアリーとして残るアイルランド神話

パトリキウスがキリスト教を伝道するためにアイルランドへ入りましたが、キリスト教が普及されていったことでアイルランドに伝わる神話の神々は少しずつそしてゆっくりとではありますが、伝承されいたアイルランド神話は少しずつ消滅していきました。消滅したものもありますが、いまでも残っているアイルランド神話がありますが、アイルランド神話をサイクルに分ける大きく4つのサークルに分類することができます。

LGBT

アイルランド神話

神々の物語を扱うサイクルが「神話サイクル」です。キリスト教がアイルランドに普及される前の、アイルランドで土着の神話を描写しています。「神話サイクル」に登場している神々であったり超自然的な存在は亡くなってから王様であったり英雄が祭り上げられて神になるという、神格化されたものだと思われます。

英雄のクー・フーリンの活躍を中心にした神話は「アニスターサイクル」です。かつて「アニスターサイクル」は「赤枝の騎士団のサイクル」とも言われていて、散文や韻文の物語になっています。物語の時代背景は、アイルランド北東の一角を占めていたアルスター王国が時代背景になっています。勇者はクー・フーリンで、悲劇のヒロインとして登場するのは、デァドラです。

「フェニアンサイクル」は、神話上の英雄フィン・マックールと彼が率いたフィアナ騎士団の功績を主題として物語になっていて、フィアナ騎士団の他にも、フィん・マックールの敵のゴール・マック・モーンの物語も「フェニアンサイクル」に含まれています。

最後のサイクルとなるのは「歴史サイクル」といって、このサイクルではアイルランドの歴代の君主を扱っているサイクルになっています。このように中世の初期以降に行き残ったアイルランド神話が、今でも妖精としてアイルランドの地で語られています。

アイルランド同姓婚が合法化!

神話の神々

アイルランド神話の中で、たくさんの神々が登場していますが神々の中でも最高神はダグザ:Dagdaだと考えられています。最高神として位置づけされているダグザですが、アイルランド人の気質を具現化した存在になっていて、ほかの神々だけではなく人間の元になったとされています。

またケルトの神々は、やはり神話ということもあって起源が不明になっているということと、神が専門分野を持っていない点から、神々で全体のひとつの氏族を構成していたのではないか?!ともかんがえられちます。

アイルランド神話の中で、最高神でもあるダグザはどのように描かれているのかと言うと、おどけたそしてシャレの効く神様として描かれていて、なかには人間に最高神のダグザが小馬鹿にされる中にあっても寛大に耐え忍ぶ、という結末になっている神話もあるぐらです。アイルランド伝承で、ダグザは槍を持った力持ちの神さまとして描かれていて、ガリアの槌と杯を持っているスケッロス神に対応するとされています。

三位一体になっていて、戦いの女神として描かれているのが「モリガン」です。三位一体の神格としては「モリガン」ですが、三位別々のそれぞれの部分に、ヴァハ・ネヴァン・バスヴという各部分にも名前が付いています。

アイルランド神話の中で登場する太陽神の名前は「ルー」です。太陽神の「ルー」は他にも全知全能を意味する言葉の「イルダーナ」であったり「ドルドナ」といった名前で呼ばれることもあります。他にも最高神「ダグザ」の娘も女神として登場していて「ブリギッド」「タルトゥ」「マッハ」といった女神が登場するほかに、アイルランドらしいのが男神として酒造りの神であり鍛冶の神でもある「ゴヴニュ」などもアイルランド神話には登場しています。