大人気のゲーリックフットボール

アイルランド発祥の団体競技の球技「ゲーリックフットボール」があります。もちろんこちらのスポーツはアイルランドで大人気の国民的なスポーツです。もうひとつ大人気のスポーツがあって、ハーリングです。ハーリングチームがある国は世界中に沢山ありますが、世界のハーリングチームはアマチュア・スポーツですがアイルランドでは違います。アイルランドではナショナルチームもあるので、いかに人気高いのかを伺えます。そしてもちろんサッカーもアイルランドで大人気のスポーツです。

LGBT

エリアから、地図からお気軽に京町家風の京都の不動産情報が確認できます。京都の古民家にあこがれる方におすすめの物件がもりだくさんです!売買・賃貸どちらもございますのでぜひチェックしてみてください。

ゲーリックフットボール

ゲーリックフットボールと聞いても、知らない人からすれば????という状態です。フットボールだからなにかボール使ってサッカーのようなものなのか、はたまたアメリカンフットボールのように、ボールを使ってなんかスクラムするのかな、といろいろな想像がわいてきます。

ゲーリックフットボールが始まった起源はとても古く16世紀から17世紀となっています。そしてプレイスタイルはどうなっているのかというと、ラグビーとサッカーの中間のようなスタイルのプレイスタイルになります。なんでもフットボールが発祥した当時の形に、ゲーリングフットボールは一番近い競技だといわれています。サッカーにはオフサイドはありますが、ゲーリックフットボールにはオフサイドはありません。そしてラグビーのようなスクラムもありません。

ゲーリックフットボールの概要

1つのチームでプレイヤーは15名です。そしてボールの形は、丸くてサッカーボールよりも少し小さめの皮製のボールになります。そしてゲーリングフットボールの女性用は、男性用のボールよりもまだ若干小さめになります。1チーム15名で手足を使ってボールをH型になっている相手チームのゴールに入れるという団体球技スポーツです。

サッカーの要素もありながら、バスケットボールの技術も必要というわけで、とにかくスピード感ある試合展開が速いスポーツです。ゲーリングフットボールの競技場は長方形になっていて、両側にH型のゴールが設置されていて、サッカーのようにゴールキーパーが相手チームからのボール攻撃を守備しています。サッカーにはオフサイドはありますが、ゲーリックフットボールにはオフサイドはありません。そし

アイルランド同姓婚が合法化!

ルール

サッカーと違ってボールは手に持って移動することができます。手に持ったボールをプレイヤーが移動することができる範囲は4歩までです。そしてボールをバウンドさせれば、さらに4歩進むことができますが、バウンドしてさらに4歩の移動できるのは1回までです。

そして味方プライヤーに、どのようにパスを出せるのかというと、ボールを蹴ってパスを出すかフィスト・パスと呼ばれるボールを拳か掌で打つパスで味方にパスを出します。そしてこのパスは自分自身にも出すことができるので、フィスト・パスを使えばプライヤー自身もボールを持った状態で9歩まで進むことができます。

ラグビーではボール保有者にタックルすることが認められていますが、ゲーリックフットボールではタックルはダメです。相手が持っているボールを手ではじくのはOKで、ショルダータックルもOKですが、ラグビーのように身体全体でタックルするのはダメです。

得点するときには、H型のゴールで見た目はラグビーのゴールポストのような形になっているので、そのH型の上の空間にボールをけり通してゴールするか、ゴールポストの下にあるサッカーのゴールネットのようなゴールネットの部分にボールを入れれば得点になります。ボールをネットに入れると3ポイントで、ゴールポストの上の空間をボールが通過すれば1ポイントです。そしてゴールネットの前には、サッカーのゴールキーパーのようにゴールを守っています。